小さな駅で小さな恋




いつもの駅でいつもと同じ場所に

君がいる

快速電車が通った時

風にゆれた髪にドキッとした

なんだか最近

大人っぽくなった君



次に特急電車が通った

目をつぶって叫んだ

「好きだ〜」

目を開けたら君はいなくなっていた



関係者の話によると君は

特急電車に

食べられてしまったらしい