HEAVY LANCE



ある英語の授業で 当てられたところを
正しい答えを答えたらボケろよバカと言われた
また英語の授業で また同じところを
今度はちゃんとボケて答えたら
チョークとナイフが飛んできた

危ないな先生!どうしてだ?先生!
「ちゃんと『Cのプッチモニでファイナルアンサー』 って言ったじゃんかよ!」
バカヤロー坂本!勘違いすんな坂本!
「お前の腕に蚊が止まっていたから
殺してやろうと思っただけなんだよ!」

もし僕がこのまま血を吸われ続けたら
貧血で倒れあの世へ逝ってただろう
でも先生のお陰で今僕は生きている
思いやりの心で今僕は生きていられる

[今、人間一人一人の思いやりが失われつつある
なぜこんなにまで我々は人間にとって一番大切なものを
忘れてしまったのであろうか?
どうして忘れることができるんだ!!
「時間が無くて焦りました。」
人の暖かい気持ちを感じるそのとき
自然と笑みがこぼれないか?
自分のささやかな気持ちが相手に受け入れられたとき
自然と笑みがこぼれないか?
その喜びが分からない奴の胸に
HEAVY LANCEが突き刺さる  いた〜い!]

でも正直な話ナイフはやばいんじゃない?
思いやりを越えてやばすぎるだろう
ああ先生の投げたチョークとナイフは
僕の後ろの佐々木君の胸に刺さってた